コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)

【ネット戦略~現場報告】長野

 無党派層からの支持が“生命線”ともいえるみんなの党の新人、井出庸生氏は、正式出馬表明が5月末と他候補よりも遅れたこともあって知名度の浸透が至上命題だ。元記者らしく現場を足で稼ぐ選挙活動を基本にしながらも、ブログにはプロフィルや政策、記者会見時の動画などを公開、ミニブログ「ツイッター」も活用している。

 民主党2人目の公認候補、新人の高島陽子氏も似たような立場だ。無党派層の支持を得ようと、ホームページ(HP)に動画やブログ、ツイッターと豊富なコンテンツをそろえ、知名度の浸透に躍起だ。県議を辞職した5月11日以降ほぼ毎日ブログを更新し、演説風景などの動画も投稿している。「自分の演説を客観的にみて、不要な言葉を多用していることに気づくこともでき勉強になる」とチェックにも余念がない。

 一方、HPにプロフィル、防衛省へのリンクなどが張られた同党の現職、北沢俊美防衛相の場合、事情はやや異なるようだ。陣営では「ネットは有効なツールの一つ」と位置づけ、本腰を入れて取り組んでいるのだという。圧倒的な知名度を誇る現職閣僚とはいえ、担当の普天間移設問題が、鳩山前政権のもと迷走したこともあって楽観視などできないといったところかもしれない。

 自民新人の若林健太氏や共産新人の中野早苗氏らは立候補を表明する前からブログを活用。日々の活動内容を記しながら、ほぼ毎日更新している。

【関連記事】
動画を活用 イケメン代議士や双方向サイト
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
【勿忘草】ネット世代の活用
【Web選挙】(中)新ツールに飛びつく政治家たち 効果のほどは「?」

感染、写真で迅速に判断…農水省通知(読売新聞)
相撲協会、木瀬親方の暴力団交際を認める 琴光喜の野球賭博は「聞いてない」(産経新聞)
女子高生暴行容疑で介護士逮捕=携帯番号調べ電話―和歌山県警(時事通信)
明美ちゃん基金 ギタアリヤちゃん、覚えた大阪弁で「はやく元気になりたいねん」(産経新聞)
「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<鳩山首相退陣>「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は自身や民主党前幹事長、小沢一郎氏の元秘書らが政治資金規正法違反に問われた「政治とカネ」の問題を辞任理由の一つに挙げたが、事件を摘発した法務・検察の幹部からは急展開に驚きの声が上がった。

 ある幹部は「驚いたが、一義的には辞任理由は普天間問題での迷走ぶりではないか。捜査の影響がどこまであったのかは分からない」と困惑気味に話した。別の幹部は「マスコミの過度な事件報道の影響はあったのではないか」と分析しつつ、「こういう事態まで想定した捜査などあり得ない」と強調した。

 検察が5月に2度目の不起訴処分にした小沢氏については、4月に「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会が今後、第2段階の審査を進める。幹部の中には「(審査を担う)一般の人たちは政治家が地位を失えば許す発想にもなるだろう」と、「起訴相当」が見直される可能性があるとの見方もあった。

【関連ニュース】
鳩山首相:記者団との質疑応答取りやめ 記者会は開催要請
鳩山首相退陣:「生活重視」も財源の壁
鳩山首相:「次の総選挙出馬せず」
民主代表選:菅副総理が出馬の意向示す
鳩山首相辞任:国民新、郵政改革法案の成立求める考え

「表紙変えれば、支持率上がる」 参院「改選組」から辞任要求噴出(J-CASTニュース)
少子化危機の「見える化」が必要 駒村康平・慶大教授(産経新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
<名古屋空港>9路線「維持は困難」 日航、県に回答(毎日新聞)
<菅首相>民主政調会長に玄葉氏を内定…閣僚兼務へ最終調整(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

背もたれに両ひじ…余裕の態度をみせるベスーン被告 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(7)

 《調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」の乗船中に負傷したとされている○○さんらを診断した母船「日新丸」の◇◇船医への弁護人の反対尋問が続く。環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は被告人席の背もたれに両ひじを置きながら、◇◇船医の証言に耳を傾ける》

 弁護人「酪酸(らくさん)による化学熱傷を診察したことはありますか」

 証人「いいえ」

 弁護人「今回が初めてでしたか」

 証人「はい」

 弁護人「2月11日の話を尋ねます。第2昭南丸のD船長(法廷では実名)から被害の状況を聞きましたね?」

 証人「はい」

 弁護人「どのような状況でしたか」

 証人「(ベスーン被告が乗った)妨害船から酪酸弾のようなものが撃ち込まれて、乗組員3人が受傷したと聞きました。目を開けられず、水で洗ったということで、今後の処置について問い合わせがありました」

 弁護人「先生はどのような指示を出しましたか」

 証人「しっかり水で洗い流すこと。そして顔の皮膚に軟膏(なんこう)を塗るように指示を出しました」

 弁護人「軟膏はどのような種類ですか」

 証人「抗生物質入りのステロイド軟膏です」

 弁護人「その軟膏は第2昭南丸に備え付けられているものですか」

 証人「はい」

 弁護人「その後、先生の方から負傷した人の状況について説明を求めたことはありますか」

 証人「私の方からは求めていません」

 弁護人「どうしてですか」

 《ベスーン被告はあごの辺りをさすりながら、証人の言葉を待つ》

 証人「緊迫した状況で船団と妨害船側がやり取りをしている中で、こちらから聞かない方がいいと思いました。何かあったら、向こうから問い合わせがくると思いました。最初の所見で、それほど深刻な状況ではないと判断しました」

 弁護人「そのような診断は不正確ではないですか」

 証人「小さな範囲の熱傷で、通常、感染(症)がなければ1週間程度で治癒します。翌日に船長から報告があり、『軽快して(快方に向かって)いる』と判断しました」

 弁護人「2月11日、本人に問診をせず、診断したことについて聞いています。その答えでいいですか」

 証人「船団では通常、船長からまとめて報告があります」

 弁護人「2月11日に○○さんを撮影した写真があるのをご存じですか」

 証人「はい」

 《弁護人が大型モニターに○○さんの顔写真を映し出す。○○さんはカメラに顔の左側をみせて、左目の下付近を指さしている。左ほほが赤くはれているのが分かる》

 弁護人「これは2月11日に撮影したものですね?」

 証人「と、思います」

 弁護人「(2月11日に)写真を日新丸に送ってもらい、診断することは考えなかったのですか」

 証人「一般的なやけどと想像できました」

 弁護人「2月13日の診断について聞きます」

 《ここで弁護人は法廷内の大型モニターに2月12日に撮影された○○さんの顔写真を映し出す。皮膚のはれがはっきり分かる11日撮影の写真とは違い、目立ったはれは傍聴席からは確認できなかった。弁護側が証人に写真を見たか尋ねた》

 証人「見たと思います」

 弁護人「2月13日に○○さんの写真を撮影し、それを送ってもらうことはしましたか」

 証人「いいえ」

 弁護人「なぜ?」

 証人「(それまでの)写真で快方に向かっていると判断しました」

 《ベスーン被告は後ろを振り返り、女性弁護士と会話を交わす》

 弁護人「(最新の)写真の視診、問診、時系列での経過診察は必要ないのですか」

 証人「11日、12日の写真を比較して、改善(回復)を確認しています」

 弁護人「改善と評価されながら、『全治1週間の見込み』の結論になったのですか」

 証人「はい」

 弁護人「どうしてですか」

 証人「やけどは表皮の壊死(えし)が起き、かさぶたができて落ち、新しい表皮で覆われるまでに1週間程度がかかります」

 弁護人「2月13日の段階で完治するまでの日数は、一般的な予測を述べたということですか」

 証人「はい」

 《診断方法の是非について質問を重ねる弁護人。ベスーン被告は一瞬、両手で顔を覆った。疲れがたまっているのだろうか》

 弁護人「14日以降は診察しましたか」

 証人「ありません」

 弁護人「全治日数について確定的診断はしていないのですか」

 証人「はい」

 《尋問をする弁護人が別の男性弁護人と交代する》

 弁護人「2月24日付の診断で『化学熱傷』としていましたが、化学熱傷はお湯、蒸気以外の原因によるやけどという意味でいいでしょうか」

 証人「いいえ。電撃熱傷もありますので、(化学熱傷とは)温熱熱傷以外のすべてではありません」

 弁護人「化学熱傷を起こす物質はかなりたくさんありますか」

 証人「はい」

 弁護人「○○さんと同じような症状を引き起こす物質は、(酪酸以外の)ほかの物質もあり得ますか」

 証人「あり得ると思います」

 《検察による最終尋問に移った》

 検察官「(弁護人による)反対尋問の中で、『最初の所見で大丈夫だと判断した』と発言されていましたね」

 証人「はい」

 検察官「(最終尋問では)2月11日について先生に質問しているとき、『最初の所見』という話をしていました。2月11日の時点では、○○さんの状況はD船長からの報告だけでしたか」

 証人「はい」

 検察官「D船長の報告から、『最初の所見で大丈夫』と判断したのですか」

 証人「はい。11日、12日のリポートをみて、そう思いました」

 《11日の診断について話をしているのに、◇◇医師は12日のリポートについて言及した》

 検察官「話を整理させてください」

 《これに対して検察官が話の流れを整理しようとする。ベスーン被告はやや前傾姿勢になり、女性通訳と証人の顔を交互に見つめていた》 =(8)につづく

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
母親に聞く、子どもと結婚の話をしない理由(Business Media 誠)
示談を考慮、裁判員裁判控訴審で初の1審破棄(読売新聞)
福島党首、沖縄知事と午後会談=普天間・辺野古反対で連携へ(時事通信)
中1死亡で神戸市に賠償命令=柔道部顧問の過失認める―地裁(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

男子大学生を書類送検=不発手りゅう弾持ち搭乗―沖縄県警(時事通信)

 沖縄県を旅行中の大学生が昨年3月、手りゅう弾の不発弾を所持していた事件で、沖縄県警八重山署は19日、火薬類取締法違反容疑と航空法違反容疑で、横浜市の男子大学生(21)を那覇地検石垣支部に書類送検した。大学生は「大変なことをしてしまった」と話しているという。
 送検容疑は2009年3月16日、沖縄本島読谷村の海岸で手りゅう弾を発見して持ち帰り、同21日午後、那覇発石垣行きの日本トランスオーシャン航空(JTA)機に機内荷物として預け、搭乗した疑い。
 同22日に大学生が宿泊していた同県竹富島の民宿経営者が通報し発覚した。
 同署によると、手りゅう弾は米国製で、腐食具合から沖縄戦当時のものとみられるという。火薬は入ったままで、陸上自衛隊の不発弾処理隊が今年1月、同島で爆破処理した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
シュワブ前でも首相に怒声=警官100人、ものものしい雰囲気
中国で西松建設を提訴も=強制連行で和解拒否の元原告
新潟の強制労働も和解=中国人連行、初の全工事解決

<事業仕分け>新人議員が「調査員」(毎日新聞)
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)
貿易代行会社社長ら逮捕=ハイエース盗難事件―兵庫県警(時事通信)
<狭山事件>検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)
小沢幹事長 「『犯罪ない』結論出た」 会見で強気発言(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「大変心配している、しっかり対応すべき」 ギリシャ危機に首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日午前、ギリシャの財政危機などの影響で内外の金融市場が混乱していることについて「大変心配している。しっかりと政府として対応していくべきだ。しっかり頑張りたい」と述べた。

【関連記事】
デモ隊が警官とまた衝突、国民の反発収まらず ギリシャ
デモ暴徒化 混乱続くギリシャ
混乱続くギリシャ 救済策に暗雲漂う
GW明け東京株終値、361円安 2カ月ぶり1万600円台
【News解説】ギリシャ危機は日本への警鐘か
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ-普天間(時事通信)
普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず(産経新聞)
酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
新潟・群馬県境の巻機山、男女5人下山せず(読売新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。